クレイスについて

企業理念

  • 人の喜びが私たちの喜びであり、ありがとうと言われ続ける会社になります。
  • 人を幸せにする会社になります。

「企業理念」の思い

我社には企業理念がふたつあります。

ひとつは、「人の喜びが私たちの喜びであり、ありがとうと言われ続ける会社になります。」です。このひとつめの「人」はお客様の事です。企業として存在している限り、社会に価値のあるものを提供して行く必要があります。その提供したものが、お客様にとって真に価値あるものであった時、お客様から喜んでもらえます。お客様の喜びを私たちの喜びとし「ありがとう」を集め続けることを求めて行きます。

ふたつめは、「人を幸せにする会社になります。」このふたつめの「人」は、主に社員の皆さんの事です。この幸せにするということについては、単に仕事を明るく楽しく過ごしてもらいたい」というだけではなく、皆さんの人生の長い時間を注いでいる仕事、そして家庭生活も含めて幸せを感じて過ごせるようにしてもらいたいという願いを含んでいます。

会社として社員の皆さんを幸せにすることの努力は、利益を創出する事と、社員の成長を支援する事です。一方、社員の皆さんが自分の人生を幸せなものにするためには、皆さんの努力が是非とも必要です。

数年前までは、能力主義一辺倒の声が多かったのですが、私はテクニカルな能力だけではなく、人間的な成長つまり「ヒューマンスキル」も非常に大切だと思っています。

若いうちは、テクニカルスキルを高め、いろいろな職場、いろいろな業務を通じて多様な働き方や仕事の進め方を学ぶ事は、スキルアップやキャリアアップにとても有益です。しかし、ある程度の年齢になった時、自分の技術のみではなく、チームマネジメントや部下の育成などの役割が期待されてきます。そして、ひとりで成果を出すよりも、さまざまな能力をもった人達の能力を引きだすことが大きな仕事の達成につながります。そのためには、早い段階から1〜2段高いレベルの「働き方」に取り組んでいってもらいたいと思います。

企業という器を活用し、私達は仕事をしています。そして人生の多くの時間を仕事に費やしています。この「仕事」ということはどう捉えますか?「仕事」という言葉と似たものに「労働」もあります。しかしながら、これは全く違う意味になると思います。

私は、

  • 与えられたノルマを仕方なくやる。→「作業」
  • 何も考えずにやる。→「動作」
  • いやいや苦しみながらやる→「労働」
  • 社会のために価値あるものを積極的に創造する。→「仕事」

だと思っています。この「社会のために価値のあるものを積極的に創造する」が、一度きりの人生の多くの時間を掛けて取り組む「仕事」だと思います。この「仕事」を1〜2段階高いものにするためには、一人ひとりが意欲・やる気、そして夢をもち、その夢を実現していくことだと思います。

その結果、社員ひとりひとり、そして家族の幸せにつながるものと確信しています。


このページのトップへ